Now Loading...

Now Loading...

ページトップへ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する当院の方針と患者様へのお願い

カテゴリー: その他のお知らせ 2020年5月11日

妊娠成立後にCOVID-19に感染することで、その対応に苦慮することが予想されるため、日本生殖医学会から「不妊治療の延期を選択肢として患者さんに提示することを推奨する」との声明が出されました。この声明は、感染拡大に留意しながら、不妊治療を受けられる患者様にとって最も良い選択を担当医と相談しながら進めて欲しいという趣旨により出された声明であると考えています。
その後、日本産科婦人科学会を含む3学会からは、「日本生殖医学会のポリシーを尊重するが都道府県と患者さんごとの個別対応が必要であり、状況を説明の上、安心安全な医療を提供していただくようご配慮をお願いします」としています。
厚生労働省からは、妊娠後期の感染では、胎児の異常や死産、流産が増えるという報告はないため、現在妊娠中でも過度な心配はしないようにとの情報発信がなされています。COVID-19の対応は世界でも日本でも刻々と変化していますが、妊娠初期には感染しないよう日常の感染予防に留意して過ごすことが重要です。
当院が加盟していますJISARTからもCOVID-19感染症に対するJISARTの考え方を出しております。以下のリンクからご確認ください。
新型コロナウイルス感染症に対するJISARTの考え方
いつ収束するかわからない状況下ではありますが、当院では患者様がこの状況をご理解されたうえで、現在の不妊治療を希望される限り、COVID-19の感染拡大に留意しながら診療を続ける予定にしております。患者様が安心して治療できるよう院内でも出来うる限りの取り組みを行うと同時に患者様側におかれましても、感染拡大防止に向けてご協力を頂きますようお願い申し上げます。

以下に一つでも該当する方は来院を控え、事前にTELで連絡をしてください!
1.息苦しさ、強いだるさ、高熱の各症状がある場合
2.軽い風邪症状(発熱、咳など)が続く場合
3.2週間以内にCOVID-19の流行地域への移動(国外・国内の関東・関西圏も含む)または罹患した方と濃厚接触をしたと思われる方

患者様へのお願い
1. 来院される前にご自宅で必ず体温を測り、熱がある方は来院を控えてください。
2.来院時には必ずマスクの着用をお願いします。手縫いのマスクでも構いません。
3.来院されたら、十分な手洗いまたは手指消毒をお願いします。
4.感染予防の観点から、ご主人の検査や治療日以外は、奥様お一人でご来院ください。
5.お子様やご両親様などの同伴もご遠慮ください。キッズルームも当分の間、閉鎖させていただきます。
6.メンズルームは通院時間が3時間以上かかるやむを得ないご主人にのみお使いいただくことは可能ですが、それ以外の場合はメンズルームは当面、ご利用いただけません。
7.待合室では、他の患者様とできるだけ距離を開けるよう心掛けてください。
8.内診室のバスタオルは一時中止いたします。ご自身でタオルを持参されるか、スカートなどの着用により対応をお願いいたします。採卵や胚移植、小手術の方は、安静の間、ご自身の枕元と掛布の首回りに利用するタオル2枚をご持参ください。
9.胚移植後のヒーリングルームの利用も中止します。
10.車で来院されている患者様は、院内で待たずに、車中で待たれても構いませんので、スタッフにお申し出ください。また、予定来院時間を大幅に早く来院されることも避けてください。
11.治療中は、人混みを避け、十分な栄養と睡眠をとり、日頃のこまめな手洗いやうがいを含め健康管理に気を付けてください。

当院の対策
1.COVID-19の収束がある程度見込まれるまで、以下の集団的活動は自粛いたします。
  一般・ART説明会 → 期間中は個別説明により対応いたします
  気功教室
  妊活つぼ講座
2.ドアノブ、エレベーター、座席などの頻回な消毒および室内換気の励行。
3.患者説明用iPad、PHS、診療用PC、診察機材の随時消毒。
4.止血バンドの中止。
5.トイレのハンドドライヤー中止。
6.公共雑誌やパンフレットの一時撤去。
7.スタッフの健康チェックとマスク着用、手洗いうがいの励行。


prev

next