Now Loading...

Now Loading...

ページトップへ

スタッフブログ

アーカイブ ( ラボラトリーブログ )

スイス・ジュネーブ開催のヨーロッパ生殖医学会(ESHRE)に参加しました2017年8月1日

学会発表の様子

学会発表の様子

 2017年7月2日〜5日にジュネーブで開かれたESHREに院長と私が参加しました。
毎年、世界各国より1万人近くが参加し、今年の発表は口演が298題、ポスターが807題でした。
 当院からは口演:Influence of commercial embryo culture media on preimplantation development and pregnancy outcome after IVF: a single-center RCTを発表しました。
胚の培養は生まれる児の健康にとっても大事なステップです。当院は、培養液が胚の発育や妊娠に与える影響を体系的に調べており、今回はその経過です。発表時や期間中に得た質問やコメントを活かし、今後も「学会と現場をリンク」させながら、良い培養系を得る検討を続けたいです。

学会会場前にて(院長)

学会会場前にて(院長)

 行きに乗り継ぎのパリの空港で不審者騒動があり、フライトキャンセルが相次ぎ、結局空港内のベンチで一晩を過ごしました。翌日の便にも乗れず、500キロ以上離れたジュネーブまで7時間のバス移動と、ただ座っていただけですが、もはや達観状態です。空港周辺は車も多く、雑多な景色を眺めてうたた寝するしかありません。じきに窓外には麦畑や森が広がりいかにも牧歌的です。
ふと目を覚ますと、外は草原でシャロレー種というフランス原産の白い肉牛が草を食んでいます。昔つくったクローンウシと同種の牛だったので、懐かしくも方々に散らばる光景が少し妙に感じました。

 食事については、パンとチーズとハムの種類が豊富でどこで食べても旨くて印象的でした。日本でいうご飯に納豆、甘塩鮭といったところでしょうが、駅のスーパーで買った山積みのパック入り生ハムでさえ旨くて、率直に食文化の深さを感じました。

ジュネーブの街並み

ジュネーブの街並み

 ESHRE自体、当院が行う胚の培養や凍結、移植がメインと言っていい学会で、関連する演題の発表も一番大きい会場です。言語や文化は異なり、西洋主義でもないですが、目的を共有できる国際学会があり、そこに行けることに感謝したいです。あと、大小のクリニック、企業、大学の方々とも様々な形で接触でき、気持ちに少し余裕ができました。とはいえ、どこか外部と共同研究をする場合は、あまり馴れ馴れしいと彼方も嫌でしょうし、それで意見しづらくなるのも問題です。個人的には、適当な距離感で結果を出しつつ、発表だけでなく論文も書いて相手にしてもらうのがいいかと、今回の学会を通じ改めて感じました。今後に向け収穫を得た1週間でした。

研究部門主任 村上 正夫

ヘルシンキ(フィンランド)で開かれた生殖医学会に参加して2016年7月10日

フィンランドのヘルシンキにて、2016年7月3日から7月6日までヨーロッパ生殖医学会(ESHRE)が開催されました。

ESHRE学会場前にて
ESHRE学会場前にて

院長、研究部1名、培養士1名の計3名で参加しました。世界117ヵ国から6741人が参加しており、口頭発表は295題、ポスター発表800題あり、当院は研究部から「Simple effective vitrification of a small number of human spermatozoa using Rapid-i carriers: a follow up study」という演目で、ポスター発表を1題行ないました。液体窒素に暴露しない安全なデバイスを用いた希少精子凍結に関する報告です。

(さらに…)

ジャカルタ(インドネシア)で開催されたASPIREに参加して2016年4月1日

2016年4月8~10日にThe 6th Congress of the Asia Pacific Initiative on Reproduction (ASPIRE)がインドネシアのジャカルタで開催され、院長、村上(研究)、水本(培養)の3人が参加しました。

ASPIREでの発表の様子
ASPIREでの発表の様子

当院からは、村上が「Albumin source for blastocyst culture influences embryo morphokinetics and viability after vitrification : from animal model to clinical trial.」という演題の発表を行いました。
培養液には血清由来の成分が含まれているため、感染等のリスクはゼロではありません。そこで、当院ではより安全なARTシステムを目指し、血清成分を含まない培養液について研究を行っています。いずれの検討も、まずはウシを用いた基礎実験を行い、その結果を踏まえて臨床に応用する、という形をとっています。今回の発表は、血清由来成分を含む培養液を用いた場合と無血清培地を用いた場合の、ウシ・ヒト胚それぞれの発生速度と形態変化を比較したもので、いずれも良好な結果を得ることが出来ています。

(さらに…)

南方医科大学南方医院ラボ指導を終えて2008年7月1日

南方医科大学南方医院ラボ指導を終えて2008年7月25日から3日間、広州の南方医院の新しくなった生殖医療センターでのラボ指導に行ってまいりました。
ラボスタッフはすべてドクターで構成されており、4人で採卵1,000件をこなしているとのことでした。凍結胚もバーコードで管理されており、4人でもダブルチェックが機能する体制が整っていました。
3日間と非常に短い時間での指導は極めて困難ですが、今回は採卵~ICSI~胚移植、それに付随する培養液とその管理などに絞って見学し、ディスカッションしてきました。

(さらに…)

第2回中日ART Work Shopに参加して2007年11月1日

2007年11月3日から11月4日まで中国広州にある南方医科大学で名誉主席の邢福祺教授、大会主席の全松教授が中心となり開催された第2回中日ART Work shopに参加しました。
南方医科大学には約13,000名の学生が在籍しており、学生をはじめ、そこに勤務しておられる医師やその家族約30,000人の方が南方医科大学の敷地内に住んでおり、敷地内にホテルやレストランなど様々な施設が混在しているため、あたかも1つの街を作っているように感じました。

(さらに…)

スウェーデン カロリンスカ大学病院を訪問して2005年6月1日

臨床カンファレンス風景
臨床カンファレンス風景

2005年6月16日と17日の二日間スウェーデン・ストックホルムにあるカロリンスカ大学病院に院長の蔵本、培養室より江頭、西垣の3名で訪問させて頂きました。
上空より見たスウェーデンは水と森林の国といわれるだけあり、湖の色、森の緑と調和のとれた美しい国でした。また、ストックホルム市内は、レンガ造りの建物が多く北欧のベニスと称されるほど大変美しい町並みでした。ただ、高福祉・高負担の福祉国家の国といわれるだけあって物価の高さには多少驚きもしました。

(さらに…)

フィンランドでのデモンストレーションを終えて2005年2月1日

フィンランドでのデモンストレーション2004年9月、フィンランド・ヘルシンキにある‘ファテリノバクリニック’のラボ主任、イルッカ氏から胚盤胞のVitrification(超急速凍結法)をフィンランドで指導して欲しいと依頼されました。
彼との出会いは2003年のスペインのマドリッドで開催された欧州生殖会議(ESHRE)で私が当院の『胚盤胞のVitrification(MVC)法』をポスター発表したところまでさかのぼります。

(さらに…)

1