Now Loading...

Now Loading...

ページトップへ

治療について

不妊症の治療方法

妊娠に必要なホルモンが関係しながら、全ての条件が満たされた時が妊娠できるチャンスですが、人間の妊娠は難しく、不妊でない正常な20代の御夫婦でも妊娠できるのは1ヵ月あたり(1回の排卵のタイミング)約20%程度です。焦らず、根気よく治療に通って下さい。

不妊検査を受ける上で知っておいていただきたいことは、「不妊原因の頻度が、男性側・女性側それぞれ半々である」と言うことよりも、「男女両方の検査をしなければ、不妊原因は分からない」と言うことです。

男女別の受ける検査一覧表

※腹腔鏡等が必要と思われる場合は、提携病院をご紹介いたします。
※ブライダルチェックとして、結婚前にも検査することができます(ただし、保険は適応されません)。

基礎体温の測定

まず婦人体温計で基礎体温を測っていただきます。これにより、排卵があるか?黄体機能不全の可能性があるか?などをおおよそ推測できます。基礎体温で排卵日はなかなか予測できませんが、低温相最終日から基礎体温上昇期の3日間に排卵することが多いと言われています。また、基礎体温高温相が10日以下では、黄体機能不全である場合が多いのです。

基礎体温のグラフ

ホルモンの基礎値の測定

月経の始め(生理が始まって4日までに)に、採血してホルモンの基礎値を測定します。排卵障害があれば、これでおおよその障害部位がわかります。

卵管の疎通性検査

月経終了後(生理開始から9~11日目頃)に、卵管の疎通性検査(子宮卵管エコー図検査)を行います。超音波を用いながら、卵管に造影剤を注入して卵管の通りを検査します。この結果が不良の場合、子宮卵管造影(HSG)を行います。

超音波検査とフーナーテスト

排卵が近づくと(生理開始から12~14日目頃)、超音波検査をして卵胞が成熟しているかを診ます。排卵が近づく頃には、卵胞の直径は約20mm位になり、この時期には子宮内膜が厚くなります(通常10mm以上) 。

 また、同時に頚管粘液や尿中のLH(ホルモン)を調べます(頚管粘液検査とLチェック)。卵胞が発育し、排卵直前になると、卵胞ホルモンの影響で頚管粘液が増え、精子を子宮に受け入れる準備をします。そのため、頚管粘液の検査を行います。また、下垂体から出るLHがピークになると、17~24時間以内に排卵すると言われているので、LHが増えているかどうかを尿検査で調べます。

 排卵が近くなると、夫婦間適合性検査(フーナーテスト)を行います。フーナーテストを2回行い、2回とも運動精子が見つからない場合、抗精子抗体の有無を調べる必要があります。

黄体ホルモン検査

排卵後1週間目、基礎体温が高温相になったころに、超音波検査で排卵しているかどうかを検査し、妊娠の維持に必要な黄体ホルモン(プロゲステロン)が出ているか(正常値は10ng/ml以上)を採血して調べます。

子宮頸癌細胞診とクラミジア抗原検査

子宮頸癌細胞診とクラミジア抗原の検査は、排卵日をさけた時期に行います。

抗精子抗体検査

抗精子抗体(精子の動きを止めてしまう抗体を女性が持っていないか)検査は、初診時に採血して調べます。

当クリニックの場合、来院される患者さんの約7割は他の医院からの紹介なので、一通りの検査や治療は終了している方がほとんどです。そのため、場合によっては、すぐに体外受精(IVF)や顕微授精(ICSI)を行うことも少なくありません。

AMH(抗ミュラー管ホルモン)

AMHは、これから発育する予定の前胞状卵胞から分泌され、卵巣の予備能を見る有力な指標として重視されています。どのくらいの数の卵胞が発育するか、卵巣の反応を予測することができ、卵巣刺激法を決める重要な目安となりますが、卵子の質とは関係ありません。AMHの値が低いほど閉経が近づいている指標です。早めのステップアップによる適切な治療が必要となります。

精液検査

男性の検査は、主として精液検査です。当クリニックでは、採精室(精液を採取するためのメンズルーム)を用意しております(採精より2時間以内であればご自宅で精液を採取されて持参いただくことも可能です。ただし、3時間以上経過すると精子運動率は低下していきます)。

ご主人の都合の良い時に、3~5日の禁欲後に精液検査を行います。異常があれば、さらに詳しい検査として、ホルモン検査(LH・FSH・プロラクチン・テストステロン)を行い、場合によっては当院の男性不妊外来を受診していただきます。

約15%の方は不妊の原因が見つからない(機能性不妊)のですが、当然このような方にも不妊治療は行います。

不妊治療には大きく分けて、一般不妊治療と高度生殖医療(ART:生殖補助技術)があります。

 一般不妊治療には、夫婦生活のタイミング(タイミング法)、排卵誘発法、人工授精(IUI)、その他薬物療法(漢方など)があります。人工授精は、子宮の中に直接精子を注入する方法です。人工授精を含めたこれらの一般不妊治療で、約半数弱の人が妊娠します。

タイミング法

医師の指導のもと、診療によってご自宅ではわかりにくい排卵日を推定し、
性生活における効果的なタイミングをアドバイスします。

の図はタイミング法による妊娠は何回ぐらいが効果的かを示したグラフです。

グラフではタイミング法1周期では38%、2周期目では25%、3周期目で14%と回数を重ねるごとにその効果は低下します。タイミング法で妊娠された方は治療回数3周期目までで77%、5周期目まで92%の方が妊娠されています。
従って、当クリニックでは3~5周期のタイミング法を次のステップに進む大体の目安として、より効果的な治療である人工授精(IUI)へのステップアップをおすすめしています。

タイミング法の目安

タイミング方の目安グラフ

不妊期間別タイミング法の効果

不妊期間別タイミング法の効果グラフ

上記の図は、不妊期間別にみたタイミング法による妊娠者数です。

薬物療法
  • 排卵誘発法
    • クロミフェン療法(セロフェン・クロミッド)
    • セキソビッド療法
    • FSH療法(フォリルモンP・フォリスチム)
    • hMG療法(HMG富士・HMGコーワ・HMGフェリング)
    • hCG療法
  • 高プロラクチン血症の治療(カバサール・テルロン)
  • 漢方療法
  • 黄体ホルモン補充療法(デュファストン・ルトラール・プロゲデポー)
人工授精
  • 運動良好精子選別法

人工授精は、運動性の良好な調整された精子を、排卵日に確実に子宮腔内に注入することがポイントです。運動が良好な精子だけを選別するには、アイソレートによる攪拌密度匂配法と呼ばれる方法を用い、さらに、培養液できれいに洗浄して、完全にアイソレート液を除去し、培養液中に良好運動精子を浮かべるという精子調整を行います。

精子調整の過程図

<精子の調整>

  1. 精子分離剤に培養液と混和した精液を重層し遠沈
  2. 死んだ精子・弱い精子は、精子分離剤を通過できない
  3. 精子分離剤を完全に取り除く
  4. 培養液で2回洗浄後、運動良好精子を回収

また、人工授精には、膣から直接、骨盤内の卵管の近くに精子を注入する腹腔内人工授精(DIPI)もあります。

 人工授精は4~5回行えば、妊娠する人と、人工授精では妊娠できない人とに、ほぼ分かれてきます。当院の今までのデータを見ますと、人工授精(IUI)で妊娠されたほとんどの方が4回目までで妊娠されています。そのため、人工授精は通常4~5回行い、妊娠に至らない場合は、体外受精や顕微授精へのステップアップを考えます。
自然周期で行うよりも排卵誘発剤の内服薬や注射を使用してIUIを行う方が妊娠率は高くなります。当院での人工授精の卵巣刺激はできるだけ弱く行っており、成熟卵胞を1~2個作ることを目標としております。結果、多胎妊娠が少ないのが特徴です。

人工授精(IUI)施行あたり年齢別妊娠率

人工授精施行あたり年齢別妊娠率のグラフ

人工授精を受ける年齢によって妊娠率も異なります。女性の年齢が上昇するにつれて卵子の質が低下し、妊娠率も低下します。

何回目の人工授精で妊娠したか(回数の目安)

何回目の人工授精で妊娠したかのグラフ

人工授精で妊娠される方は、2回目までに64%、3回目で79%、4回目で89%が妊娠されています。人工授精の回数はAMH、女性の年齢、不妊原因、これまでの治療歴により決めています。当院の不妊治療の流れをご参照いただき、適切な回数を医師とご相談ください。

 人工授精と体外受精とは、同じものではありません。 人工授精とは、子宮腔内または腹腔内に精子を直接、人工的に注入する操作です。

 これに対して体外受精は、卵子を体外に取り出し、精子を加えて受精卵を培養して、細胞分裂が始まった胚を選んで子宮内に戻す操作です。体外受精は、「高度生殖医療(ART)」と呼ばれる技術です。

排卵が上手くいかない女性には、ホルモン剤などを投与することで、卵巣を刺激し、卵胞を発育させたり、子宮内膜の厚さを測って受精卵が着床しやすい状態かどうかなどを、綿密に検査します。排卵日を細かく予測して、夫婦の営みのタイミングを具体的にお教えします。

精子は、女性の子宮近くの卵管内や子宮頚管内に数日間生きていますので、必ずしも排卵日に夫婦生活をする必要はなく、排卵日の1~2日前でも十分です。

採取した精液を検査し、精子濃度が1ml当たり2,000個万以上、直進運動している精子が全体の50%以上あれば正常ですが、それ以下の場合は精子の運動を活発にする薬を内服投与します。ただし、精液の状態は毎回異なりますので、精子の状態が悪ければ、時期を変えてもう一度、精液検査を行い2回とも正常域に入っていない場合を異常と判定します。
その場合、必要に応じて人工授精(IUI)を行います。人工授精とは排卵日に状態のいい精子を子宮腔内に直接注入して受精の確率を高める方法です。

卵管性不妊症に体外受精ではなく自然に近い妊娠を希望される方へ

 不妊症の原因の約3割が卵管に問題があり、卵管が詰まってしまったり、狭くなることで、卵子や精子が卵管を通ることができないとされています。こうした卵管性不妊症の方を対象にした内視鏡治療法を卵管鏡下卵管形成術(FT)と言います。

FTはカテーテルと呼ばれる細い管を経腟的に子宮や卵管に挿入し、内視鏡で卵管内の状態を確認したり、癒着を剥離して通過性を回復させたりする、体に負担の少ない治療法です。FTは高度な技術が必要で、熟練した技術をもつ医師の施術が必要です。卵管性不妊症に対する治療方法の一つである体外受精に比べ、保険が適応されるため経済的負担も少なく、より自然に近い妊娠を希望される方に適しています。

 FT術後、3カ月以内に再閉塞することもありますので、再閉塞予防の処置を行いながら経過を見て行きます。

適応:Ⅰ卵管通過障害(卵管閉鎖、卵管狭窄)
Ⅱ子宮外妊娠既往のある方

①細い内視鏡(卵管鏡)を内蔵した細い管(カテーテル)を用意します。

FT手術ステップ1

②カテーテルを腟から子宮へと挿入し、卵管に近づけます。

FT手術ステップ2

③カテーテルの風船(バルーン)を膨らませて、卵管の中へバルーンを進めます。

FT手術ステップ3

④卵管内の全域で詰まっているところを広げます。

FT手術ステップ4

⑤卵管内の様子を、卵管鏡を使って観察します。

FT手術ステップ5

比較
FT(卵管鏡下卵管形成術) 従来の卵管手術
通院日数 ①1回FT当日
②術後3ヶ月は以内再癒着防止の処置
①入院
②開腹手術
③複数の閉鎖部位の治療は困難
手術後の痛み 静脈麻酔で眠っているためほとんど無い 全身麻酔が必要
手術後の入院日数 当日帰宅 1週間以上の入院
費用 保険適用
約22万円
※高額医療費控除あり
生命保険の医療保険適用もあります
保険適用
入院費
差額ベッド代経費
妊娠努力の開始 治療後まもなく可能 2ヶ月以上の経過が必要
  • ※FTで治療が難しい例
    卵管留水症(卵管先端部の閉鎖による卵管の拡張)に対しては腹腔鏡手術となります
  • ※体外受精との位置づけ
    体外受精と併用することができます。妊娠可能な選択肢が拡がります。
  • ※FTは卵管狭窄の症例に対しても、子宮外妊娠の予防策としても有意義と考えられています。

高度生殖医療(ART):体外受精(IVF)

高度生殖医療(ART)とは、体外受精、顕微授精などで女性の卵巣から卵子を体外に取り出して、男性の精子と受精させ、数日の培養後、細胞分裂(分割)が始まれば、女性の体内(主に子宮内)に戻す治療法です。

 いい卵子と、いい精子があれば、精子の数は極端に少なくてもうまく行く技術が確立されています。一般不妊治療では妊娠しなかった方や、卵管が完全に閉塞して普通の方法では妊娠できない方(卵管閉塞)、重症男性不妊の方、人工授精で妊娠に至らなかった方の場合など、不妊症の約半数の方がARTの対象となります。

1978年7月、イギリスで世界最初の体外受精による赤ちゃん、ルイーズちゃんが誕生してから30年以上が経過しました。当初、「試験管ベビー」としてセンセーショナルに紹介されていた体外受精ですが、全世界ではすでに、400万人を越える赤ちゃんが体外受精によって生まれています。日本でも、1983年に、東北大学医学部付属病院産婦人科で初めて体外受精が行われ、平成17年までに体外受精、顕微授精で156,771人の赤ちゃんが生まれています。また、最近では、日本でも55人に1人が体外受精(IVF)や顕微授精(ICSI)で生まれた赤ちゃんと言われております(日本産科婦人科学会の調査による)。

 体外受精とは、卵管の中での過程を体外で行う操作のことです。排卵誘発剤を投与して、女性から数個の卵子を採取して精子と合わせます。卵子は受精した後、細胞分裂を始めて胚(受精卵)になりますが、通常48時間~72時間後にこの胚を子宮に戻し、着床させるものです(1回あたりの妊娠成功率は日本平均23%)。また最近では、胚の発育の最終段階である胚盤胞まで排卵後5日間培養して戻す胚盤胞移植も広まっています。 それ以降の着床から出産にいたる過程は、通常の妊娠と同じです。

 体外受精は、「In Vitro Fertilization Embryo Transfer」の頭文字を取って、「IVF」または「IVF・ET」と呼ばれます。日本では、正式には、「体外受精・胚移植」と呼ばれます。

数度の人工授精では妊娠できなかった場合、妊娠しなかった原因が、受精がうまく行かなかったのか?または受精はしたが着床がうまく行かなかったのかが、現在のところ全く分かりません。体外受精は夫婦間の受精する能力をチェックする検査を兼ねた治療と言っても良いでしょう。掛け合わせる精子の数が、人工授精に比べてはるかに多いため、体外受精の方が人工授精に比べ受精率は良く、妊娠率は数倍(当クリニックでは約4~5倍)となります。

体外受精は、以下の6つのステップで行います。

体外受精のステップ図

体外受精のステップ図

排卵誘発

ヒトでは、受精卵一個あたりの着床率は低く、一番着床率が高い20歳代でも20%台です。妊娠率を上げるために「排卵誘発剤」を投与し、いくつかの成熟卵を採取します。これは、体外受精で非常に重要なステップで、排卵誘発が強すぎても弱すぎても妊娠率は低下します。このためには、必ず注意深く卵胞の大きさ、ホルモンの状態、子宮内膜の厚さなどをモニターしていく必要があります。あらかじめ、卵巣の若さを知るためにアンチミューラーリアンホルモン(AMH)を採血して調べることがあります。卵巣が若い人ほどAMHは高くなります。

 排卵誘発法は個人ごとに異なりますが、女性の年齢、月齢初期の卵巣内の小さな卵胞数と血中ホルモン等によって、どのくらいの卵胞が育つか(卵巣予備機能)を調べて決めます。基本的には、排卵させるホルモンであるLHの上昇を抑える薬を鼻にスプレーし、排卵誘発剤を注射します。

Long法説明図

※Long法で良い卵が採れない場合は、卵胞径が14~15mmぐらいになった時点で、排卵の直接的な引き金となる黄体化ホルモン(LH)を抑えるGnRHアンタゴニストを皮下注射する方法を行う場合があります(GnRHアンタゴニスト法)。

採卵

卵胞が17~18mmの適当な大きさとなり、卵胞ホルモン(E2)値も充分で、子宮内膜が厚くなって来るとhCG(メーカーにより商品名は異なります)と言う薬を注射して卵を最終的な成熟段階にもって行き、hCG投与34~36時間後に採卵(卵巣から卵を体外へ取り出す)を行います。採卵は、局所麻酔または静脈麻酔をして、超音波装置と細長い針を用いて、針を膣から卵巣の卵胞に刺して行います。

 普通、5分ほどで終わり、おなかに傷が付くこともなく、入院する必要はありません。しばらくの安静の後、診察して異常がなければ帰宅できます。しかし、採卵日には安静が必要です。また、感染予防のため、抗生剤を投与します。卵は培養液で洗浄し、媒精までしばらく培養器で前培養します。

採卵の説明図

精液採取と精子処理法

精液採取後、精子を洗浄して運動性の良いものを回収します。現在、これには「アイソレート法」と「スイムアップ法」があります。運動率が不良な場合には、運動能を改善させる薬物を混ぜて、精子を培養する場合もあります。
 なお、当院には採精のためのビデオルーム(メンズルーム)が2部屋あります。

メンズルームの様子

媒精

精子処理の終わった精子は、1コの卵あたり10万個かけあわせます。精子の状態が不良な症例にはさらに多くの精子をかけあわせます。

培養

媒精させた卵は、体内と同じ環境の培養器に入れ、培養します。

  • 初期受精卵(2前核期胚)

    媒精後18時間の
    初期受精卵(2前核期胚)

  • 分割胚(4分割胚)

    採卵後2日目の
    分割胚(4分割胚)

  • 分割胚(8分割胚)

    排卵後3日目の
    分割胚(8分割胚)

  • 培養室

  • 培養器

体外受精で胚が最も長くいるところが培養器の中です。
当院では世界で初めて開発したコンピューターによる『胚の24時間監視システム』により、培養状態を完全に把握して、少しの異常も見落とさないよう細心の注意を払っています。

胚移植(ET)

胚移植の説明図

採卵後、受精し、分割した胚を細くて柔らかいカテーテルを用いて子宮内へ戻します。胚移植は、普通、採卵2~3日後です。カテーテルの先端は、子宮の奥から1cm位手前に置き、ごく少量の培養液とともに分割胚を原則として1個:(35才以上の方または、1個の胚移植を2回実施しても妊娠しなかった場合は2個まで。日本産科婦人科学会のガイドラインに沿っています)、あるいは、受精卵発育の最終段階である胚盤胞まで培養した胚を原則1個、子宮の奥にそっと注入します。10~15分の安静の後、帰宅できます。胚が子宮に着床するのは胚移植の数日後ですので、何時間安静にしても妊娠率は変わりません。

 胚移植の2週間後に妊娠したかどうか調べます。当院での体外受精の妊娠率(きれいな胚を少なくとも1個以上戻した場合)は20歳代で67%、30歳前半で58%、30歳後半で40%です。体外受精で多くの卵が受精し、多くの受精卵が余った場合、希望により受精卵を凍結保存(胚凍結)することができます。排卵誘発の周期に残念ながら妊娠に至らなかった場合、2~3ヶ月後に凍結胚を解凍し、再度胚移植することも可能です。

高度生殖医療(ART):顕微授精(ICSI)

体外受精を行っても受精しない場合があります。例えば、「重症男性不妊」(精子の数が極端に少ない、精子の運動性が悪い)では、体外受精しても受精率は非常に低くなります。

精子と卵とが受精する際、卵側には、「卵丘細胞」、「透明帯(卵の周りを包んでいる殻)」、「卵細胞膜」という3つのバリアーがあり、精子の状態が悪いと精子がこれらのバリアーをうまく貫通できないのです。
また、見かけ上問題のない精子で体外受精を行っても受精できない、「受精障害」もよく見られます。

卵細胞膜

このような場合に行う治療法が「顕微授精」です。顕微授精は顕微鏡を用いて、卵子にバイパスを作り、精子が卵子に入りやすいようにする方法です。

顕微授精の画像

顕微授精の説明図

顕微授精はこれまで数通りの方法が開発されましたが、現在は直径6~7ミクロンの極細のガラス管に精子を一個だけ吸引して、直径0.1mmの卵の卵細胞質内に直接注入する方法(ICSI:イクシー:卵細胞質内精子注入法)が主流です。

この技術は、1992年、ベルギーで初めてヒトで成功して以来、成功例は数百万例を越えています。この方法だと、精子の動きが悪くても、遺伝子を司るDNAさえしっかりしていれば、卵1個に精子1個だけで受精できるので、非常に効率的です。また、精子は射精された精子でも、副睾丸の精子(精巣上体精子)でも、睾丸の精子(精巣精子)でも、さらに凍結された精子でも同じように受精し、妊娠、出産が可能です。ただし、ICSIで妊娠するには、体外受精の成功率が高く、顕微授精の高度な技術を持った施設で行う必要があります。

※女性が高齢になるほど着床率は低下しますが、着床率を上げる方法としてアシステッドハッチング:移植の前に胚の透明帯に小さな孔を開けたり、菲薄化したりしてふ化を補助し、着床率を上げる方法などもあります。当院ではレーザーによるアシステッドハッチングを用いて、透明帯を薄くする方法(透明帯菲薄化:右図上)、または透明帯に小さな孔を空ける方法(透明帯開孔:右図下)を行います。

顕微授精の様子

透明帯菲薄化

 

透明帯開孔

患者様の中には、胎児の異常発生を心配する方もいらっしゃいます。しかし、一般に、出生児の3~4%には、何らかの異常があると言われています。一般不妊や体外受精、顕微授精などの方法で妊娠し出生した子供の奇形率は、普通妊娠での出生児と変わりません。

世界的なデータを見ても、異常発生の確率には、特に差はありません。ICSIは、技術としてすでに確立されたものと言って良いでしょう。

当クリニックのICSIでの平均妊娠率は35%で、開院から2013年5月までに顕微授精で3618人の方が妊娠され、2493人の赤ちゃんが誕生しました。また、無精子症の症例に対しては、男性不妊治療専門の泌尿器科医とタイアップしての治療をおこなっています。

特別な顕微授精の方法

当院では、精子の状態が不良な症例や体外受精で受精しなかった症例に対して、顕微授精(ICSI)を数多く行っておりますが、患者さまの状態や採れた卵子の状態によって、以下の特別な方法を用いております。

紡錘体観察装置(poloscope)
  • 紡錘体観察装置
    紡錘体観察装置(poloscope)

  • 紡錘体観察用の専用カメラ
    紡錘体観察用の専用カメラ

 卵子は、分裂する際に紡錘体の力によって染色体(遺伝情報を持つ)を分配させます。
 紡錘体観察装置は光の屈折を利用して卵子にダメージを及ぼすことなく紡錘体を観察できる装置です。これによって、紡錘体・染色体を傷つけずに顕微授精を行うことができます。当院では全例にpoloscopeを用いて顕微授精を行っています。

  • 通常の顕微鏡で観察した成熟卵子
    通常の顕微鏡で観察した成熟卵子

  • (当院で行っている方法)
    紡錘体観察装置で観察した成熟卵子
    紡錘体観察装置で観察した成熟卵子
    (白い部分が紡錘体:卵子の染色体がある部分)

料金は通常の顕微授精料金に含まれています。

Piezo(圧電素子)を使用した顕微授精(Piezo-ICSI)

 顕微授精(ICSI)は微小なガラス針を用いて精子を卵子の中に導入する方法ですが、当院では2種類の方法を用いています。
 通常のICSIは、先端の尖った針を用いて行う顕微授精法であり、多くの施設が利用している実績のある方法です。

通常の顕微授精
(通常の顕微授精)

 Piezo-ICSIは、先端が平坦なピペットを特殊な装置によって振動させ、のみを打つような微細な運動によって、卵子に穴をあける方法です。培養室では、卵子や精子の特性によって、それぞれの方法を使い分けています。

PIEZOを用いた顕微授精

PIEZOを用いた顕微授精

PIEZOを用いた顕微授精
(PIEZOを用いた顕微授精)

  • Piezo-ICSIを行う顕微鏡
    Piezo-ICSIを行う顕微鏡

  • Piezo-ICSIを行う機器
    Piezo-ICSIを行う機器

料金は通常の顕微授精料金に含まれています。

IMSI(高倍率による精子選別)

 顕微授精を行う際には、卵子あたり1個の精子を選別する必要があります。培養室では、形態や運動能を指標としてより良い精子を顕微授精に供するようにしています。

顕微鏡

 IMSIは、通常の顕微授精を行う際の倍率よりもさらに高倍率(1000倍)で精子頭部を観察する方法です。これによって、通常は確認できない形態的異常(空胞など)を持つ精子を除くことができます。精子の奇形率が高く、通常のICSIでは受精できなかった場合や受精卵の発生があまり良くなかった時などに使用していきます。

  • 200倍観察
    200倍観察の様子

  • 400倍観察
    400倍観察の様子
    (通常の顕微授精での倍率)

  • 1000倍観察
    1000倍観察の様子
    (IMSIでの倍率)

料金は通常の顕微授精料金に含まれています。

PICSI(ヒアルロン酸への結合を利用した精子の選別法)

 卵子や卵子を取り巻く細胞である卵丘細胞の表面はヒアルロン酸に覆われています。これまでに、より良く成熟した精子はヒアルロン酸への 結合能力が高いこと、また成熟度の高い精子ほど、遺伝子であるDNAにダメージを受けにくいことが明らかとなっています。
 PICSIは、これらの特性を利用して精子を選別する方法です。当院では高濃度のヒアルロン酸を含む培地を使い、培地境界面に精子を結合させる方法を採用しています。
 前回の治療で受精率が悪かった症例、および精子の奇形率の高い症例を対象に実施しています。

ヒアルロン酸培地での精子

料金は通常の顕微授精料金に含まれています。