Now Loading...

Now Loading...

ページトップへ

staff スタッフ紹介

培養室

培養室スタッフ一同

ラボラトリーディレクター(管理胚培養士)

ラボラトリーディレクターは、IVFコーディネーター同様、アメリカの不妊治療専門病院には設置が義務づけられている職種です。
当院のラボラトリーディレクターは培養室の責任者(室長)で、発生工学、発生生物学などの専門分野を専攻しています。最高レベルの生殖医療を目指し、培養室の管理、培養条件の改善、難治例の患者さんの治療方針に関し、医師への助言などを行っています。

エンブリオロジスト(胚培養士)

卵・精子や受精卵を細心の注意を払って取り扱っており、クオリティコントロール(品質管理)を常に心がけています。また、学会へ参加し、常に新しい知識と技術を取り入れ妊娠率の向上に努めています。

主な仕事の内容

  • 採卵時の卵の処理
  • 体外受精や顕微授精後の受精・分割の確認
  • 胚移植(受精卵の選択等)の胚の処理
  • 精子処理(人工授精、体外受精、顕微授精)
  • 胚、精子、卵子の凍結
  • データの管理
  • 生殖医学の研究(難治例の卵や精子の状態を改善する研究等)
  • 翌日の準備(培養液作成など)